髭脱毛は時間をかけて行うのが良いとされる理由と処理方法の選び方

価値観の多様化により、現在では男性が脱毛処理を行うことも珍しくありません。男性のシンボルともいえる髭を除去するケースも増えていますが、その一方で誤った方法による脱毛で重大な肌トラブルに見舞われるおそれがあります。

単に髭を取り除くだけではなく、綺麗に仕上げることが大切です。髭脱毛が広く普及した理由や肌トラブルを避ける方法について学びましょう。

髭の脱毛では効果をどのように実感できるのか

髭脱毛の需要が増えた理由

髭は男性のシンボルとして扱われることが多く、髭を綺麗に整えることが大人の身だしなみとされる風潮がありました。地域によっては髭を伸ばすことを義務付けている所もあるほどですが、その一方で髭を完全に取り除くことを望む男性が増えていることも事実です。

髭の脱毛を望む声が増えたのは価値観の多様化や社会性の変化が根底にあります。男性だから髭を伸ばすのが当たり前、という考え方は画一的なものとして敬遠され、男性であっても美肌に気を配る人が増加しました。美肌維持の一環として髭脱毛の需要が増えたと言えます。

また、伸ばした髭は少しでも乱れると非常に見栄えが悪くなります。不潔な印象を周りに与えてしまうため、髭を伸ばすことを禁止する会社も少なくありません。

髭脱毛は肌への負担が大きい

髭剃りはもっとも広く普及しているお手入れの方法ですが、カミソリを使うことで肌の表面に微小な傷が付き、赤く腫れてしまう問題があります。個人の体質によってはカミソリ負けの状態になってしまうため、必ずしも最適な方法とは言えません。

そのため、近年ではエステサロンなどの美容施設で髭脱毛を受ける人が増えています。

美容施設での髭脱毛は肌の状態や毛質に合わせた方法で処理を行うので、肌への負担を軽減させながら効果的に髭を取り除くことが可能です。最初から髭が生えていないような仕上がりを期待できる反面、美容施設での脱毛処理でも肌への刺激が生じる事実は否定できません。

髭は体毛の中でも非常に固いため、抜き取るのが困難です。強い力を加える必要があるので必然的に肌へ大きな負担がかかります。そのため、綺麗に仕上げるには複数回に分けて処理しなければいけません。

時間がかかるうえに費用も嵩むことから、スケジュールや予算を考慮して慎重に判断する必要があります。

セルフ処理は肌の状態をこまめに確認することが重要

髭脱毛は美容施設を利用する以外に自分で行うこともできます。市販の脱毛用品を上手に使うことで、プロの脱毛処理と比べてもそん色のない仕上がりにすることは決して不可能ではありません。出費を抑えることができる他、任意のタイミングで処理できるのが大きな魅力ですがその一方で肌トラブルが生じやすい問題があることを忘れてはいけません。

セルフ処理は方法を誤ると肌の角質化や色素沈着などの重大な肌トラブルに見舞われます。肌に合った脱毛用品を選ぶ他、処理後のスキンケアも疎かにしないように心がけます。少しでも肌に異常が生じたらすぐに脱毛処理を中止して、病院で検査を受けるのが肌を労わるための秘訣です。

セルフ処理用の脱毛用品は種類が多いので自分の肌に合った物を探すのは容易ではありません。選び方を誤ると美容施設を利用する以上の出費になってしまうこともあるので、最初は少量の購入に留めて肌への影響を確認するのが上手な選び方と言えます。

ある人には便利で効果的でも、他の人には不向きであるケースは決して珍しくありません。綺麗に仕上がる髭脱毛を行うには何よりも自分の肌にぴったりな脱毛用品を探すことが重要と言っても過言ではありません。

レーザーによる髭脱毛は新たな発毛を防ぐ効果がある

どのような脱毛処理も日数が経過すると再び体毛が生えてきます。これは毛根の働きによるものなので避けることはできません。髭脱毛も同様であり、どんなに綺麗な仕上がりになっても時間が経てば新しい髭が生えてきます。

結果的に何度も脱毛処理を繰り返すことになるので、出費や肌への負担が大きくなってしまいます。頻繁に脱毛を繰り返すと肌トラブルに遭うリスクが増大するため、脱毛処理の回数を減らしつつ美肌を保つ工夫が必須です。

毛根を焼き潰すレーザー脱毛は新たな発毛を防ぐ効果があることから、脱毛の煩わしさを解消できる魅力的な処理方法として注目されています。一度処理を行えば二度と発毛しないので、永続的に美肌を維持できるのが最大の利点です。

注意点も多いレーザー脱毛

永続的な効果が得られるレーザー脱毛ですが注意点も少なくありません。中でも肌のコンディションが仕上がりの良し悪しを左右する点は正しく把握する必要があります。レーザーは濃い色に反応して拡散する性質があるため、日焼けやかさぶたが生じている部分は毛根を焼き潰すことができません。

また、レーザーは肌に強い刺激をもたらします。短い時間で何度も照射すると火傷のような状態になってしまうのが欠点です。綺麗な仕上がりにすることを目的としたレーザー脱毛が却って肌の状態を悪くする事態になってしまうのを避けるには、時間をかけて少しずつ処理するのが最適な方法です。

肌の状態によってはわずかな照射でも強い刺激になることもあるので、他の脱毛処理以上に慎重な対処が求められます。レーザー脱毛は医療機器を使うので医師免許の所持者しか扱うことはできません。そのため、レーザー脱毛を受けるためには美容外科などの医療機関を頼る必要があります。

エステサロンなどの美容施設で行う光脱毛はレーザー脱毛に似ていますがその効果は大きく異なります。光脱毛には毛根を焼き潰す効果は無いので、日数が経過すると新しい体毛が生えてきます。光脱毛は産毛のような柔らかい体毛を取り除くことに特化した処理方法なので髭脱毛には不向きです。

髭の毛根を完全に取り除いて美肌を維持するならレーザー脱毛以外の方法はありません。しかし、肌の状態やレーザーの出力などに問題があると毛根が残ってしまいます。適切な脱毛処理を受けるなら事前の検査を入念に行い、最適な状態を保つことがもっとも重要です。

髭脱毛の仕上がりは正しい方法と肌の状態が大きな決め手

脱毛処理を行うなら綺麗に仕上げると共に、肌のコンディションを良好に保つことを心がけます。特に髭脱毛はもっとも目立つ顔に施す脱毛処理なので妥協してはいけません。脱毛処理は様々な方法があるので、自分の肌質や費用などを考慮したうえで最適な方法を選びます。

特に肌への負担が大きい脱毛処理については肌トラブルを避けるためにも、事前の検査を疎かにしてはいけません。